読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なにか書く

なにを書くかは決めていない

2017冬アニメの感想と春アニメの展望

私はアニメというのはずいぶん長い間見ていませんでしたが、ひょんなことから昨夏から見るようになりました。きっかけは何気なくプレイしてみたデレステで、アニメも見てみようかと思い見たところ、久しぶりにアニメっておもしろいなと感じ、新しいアニメもチェックしはじめました。秋アニメでは、あまり最初からいろいろ手を出してもしんどいからということで、PVを見て興味を持った「ガーリッシュ ナンバー」だけ見ていたのですが、これに激ハマり(あまり評判はよろしくないようですが、私は細かいことはよくわかりませんので、普通に楽しめました)。番組のラジオはもちろん、出演する声優さんの別番組などもチェックするようになりました。

そして今期ですが、まだアニメを見はじめたばかりで良し悪しもよくわからんので、とりあえず声優さんを軸に見てみようかと思い、「ガーリッシュ ナンバー」で特に気になった八重役の本渡楓さんの出演作を中心に、以下5つの作品を見ていました。

  1. 亜人ちゃんは語りたい
  2. うらら迷路帖
  3. 風夏
  4. セイレン
  5. AKIBA’S TRIP -THE ANIMATION-

順番は、放送前に期待していた順です。えーでちゃんの出演場面が多い順とも言えます(1〜3に出演)。このうち、セイレンだけ途中で切りました。耀編はまあまあおもしろかったんですけどね。

その他の4作品はいずれも非常におもしろかったです。「亜人ちゃんは語りたい」や「うらら迷路帖」はコミックスも読み、これは絶対かわいくなるぞと思っていましたが、期待に違わぬ内容で安定感もあり、とても楽しめました。「風夏」は、正直バンドのアニメって興味なかったのであまり期待していませんでしたが、「こんなんありえへんやろ!」とか言いながら二転三転するストーリーに引き込まれました。ただやはりアニメでのバンドの描写には限界があるなとも感じさせられました。

期待値と実際見ての印象の差が最も大きかったのが「AKIBA'S TRIP」でした(まだ1話残していますが)。最初はまったく知識がなく、ゲームのことも存在程度しか知らず、「アキバが舞台のアニメか。じゃあとりあえず見てみるか」というぐらいのノリで見はじめました。最初から最後まで「これなんのアニメやねん!」という感想は一貫していますが、「なんかよくわからんけどなんかおもしろい」という感じで、ある意味ではなにも考えずに楽しめるB級アクション映画みたいな楽しさがありました。

そんなわけで今期はハズレがなかったなと思うわけですが、問題は春アニメです。やはりとりあえずえーでちゃんの出演作品を探すわけですが、見当たりません。どうしたものか・・・。一通りPVを見た結果、今の時点ではとりあえず次の作品をチェックしてみようかなと考えています。「シンデレラガールズ劇場」は、私がアニメを見出したきっかけからしてもマストです。外れようがないと思っています。